桜候補また1頭―ジェンティルドンナV

 クラシックへの登竜門、第46回GIIIシンザン記念が8日、京都競馬場1600メートル芝で争われ、クリストフ・ルメール騎乗の2番人気ジェンティルドンナ(牝3=栗東・石坂厩舎、父ディープインパクト)が優勝。好位4番手追走から最後の直線は馬群の真ん中を突き抜け、デビュー3戦目で重賞初制覇を達成した。通算3戦2勝。良馬場の勝ちタイムは1分34秒3。

 牝馬のシンザン記念制覇は1999年フサイチエアデール以来13年ぶり。牝馬では昨年の同レース3着馬だったマルセリーナが後のGI桜花賞を制し、07年の2着馬ダイワスカーレットも桜花賞を勝利。また、昨年の同レース2着馬は後の三冠馬オルフェーヴル、同勝ち馬レッドデイヴィスもその後に重賞2勝と、シンザン記念からは活躍馬が多数輩出されている。
 ジェンティルドンナも先輩たちに負けない今後の好走と、無敗の2歳女王ジョワドヴィーヴルとの対決に注目が集まりそうだ。

 なお、1馬身1/4差の2着には岩田康誠騎乗の9番人気マイネルアトラクト(牡3=美浦・斎藤誠厩舎)、さらに1馬身1/4差の3着には幸英明騎乗の11番人気プレミアムブルー(牡3=栗東・鈴木厩舎)が入線。1番人気に支持されていた後藤浩輝騎乗のGI朝日杯FS4着馬トウケイヘイロー(牡3=栗東・清水久厩舎)は、3着馬からクビ差の4着に敗れた。
[PR]
by djjfjjgfgj | 2012-01-25 15:01


おお


by djjfjjgfgj

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
未分類

以前の記事

2012年 01月

フォロー中のブログ

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

その他のジャンル

ブログパーツ

最新の記事

桜候補また1頭―ジェンティル..
at 2012-01-25 15:01

外部リンク

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧